INTERNATIONALTELEMARK FESTIVAL
 インターナショナル・テレマーク・フェスティヴァル


日本のトップテレマーカーの「山田誠司」


世界中のテレマーカーが集まるテレマークの
ビック祭典へ参加しよう!

 イタリア・トレンティーノ州アルタヴァルテリーナに属するスキー場のひとつ、雄大なリヴィーニョで開催される「インターナショナル・テレマークスキー・フェスティヴァル」。 毎年4月に行われ、2003年の今季は第9回目を迎える。このテレマークスキー・フェスティヴァルはレースや大会というよりも、世界のテレマーカー達の交流を図ることを第一目的としたイベントといった感じで、誰もが「遊び」感覚で参加できる。フェスティヴァルは1週間にわたって行われており、毎日、いろいろなイベントやパーティなどユニークな行事が次々と用意されている。例えば、山頂でのバーベキューパーティやミュージックライブをはじめ、ナイタースキークルージングなど。テレマークスキーの歴史を語る写 真展示会等は随時開催されている。中でも非常に興味深いユニークなイベントは「ギネスに挑戦!The Big Turn」。できるだけ多くのテレマーカー達と横一列に手をつなぎ、完全180度以上の大きなターンをするいうコンテスト。途中で手を話したらアウト!手を放さずにターンできた人数だけがカウントされる。ちなみに昨年までの最高人数は140人だったとか…で190人以上の人数でのビック・ターンの成功を目指しているという。夜には毎晩、飲めや、歌えやで延々と続くパーティがあり、お望みならば24時間7DAYSのお祭り天国が実現しちゃう。もちろん真面 目なプログラムも用意されている。きちんとレベル分けされたテレマークスキー教室が毎日開かれるので、このフェスティヴァルでテレマーク・デビューを果 たすことも可能。世界各国のハイレベルなテレマーカーからテクニックを修得することができるレッスンもあり、この1週間で技術レベルをアップさせる夢を叶えることだってできる。そして、テレマーク・デモが案内するオフピステツアーもあるので、日本ではなかなか滑れないようなエキサイティングコースも堪能できる。そんなこんなで1週間はあっという間に飽きることなく過ぎていき、8日目にメインのテレマークスキー大会を迎える。大会=レースと意気込まないでくださいね。 あくまでも「テレマークスキーを楽しもうDAY」なのですから。コースも特に限定されることもなく格好も滑降も自由。チロル地方色の民族衣装で滑ってみたり、ストックではなく長い1本の棒で滑ってみたり、さらに長〜い棒を4、5人がかりで持って滑ってみたりで、それぞれが個性を活かして自分独自の舞台を演出しているよう。見ているだけでも楽しめるというより、これを見たら、テレマークスキーをやろう!という気になってしまう。

GIGANTISSIMO /ジガンティッシモ
GARDENISSIMA/ガルデニッシマ
SELLA RONDA SKI MARATHON/セッラロンダ・スキーマラソン
MARCIA LONGA/マルチャロンガ
INTERNATIONALTELEMARK FESTIVAL/インターナショナル・テレマーク・フェスティヴァル

このページのトップへ このページのトップへ